ブラック企業の基準は?

ブラック企業は現代社会になってかなり問題視されてきています。しかし、人によってはブラック企業なのか、ただ社風が厳しいだけの企業なのかが判別できない場合があります。

今回はそんな「ブラック企業の基準」についてご紹介します。

会社ぐるみで違法行為をすること

ブラック企業を作るのはそこの企業の「社員たち」です。

ブラック企業の社員たちは「ブラック企業の環境が当たり前の環境」だと感覚が麻痺してしまっているので、おかしな事も平気で行ったりしてきます。

ブラック企業の社員に「モラル」は通用しないです。ブラック企業の社員は、年齢は大人ですが中身が子供の人が多いので、平気で汚い事をしてきます。

なので、モラハラなどの被害で社員が消費者センターなどに駆け込んでも、会社ぐるみでその事実を隠蔽しようとしてきます。

ブラック企業での常識は世の中の非常識。まともな人は消えていって、おかしい人ほど残るので、団結力はあります。違法行為も会社ぐるみで平気で行う所が、ブラック企業のタチの悪い所です。

社内でサービス残業を奨励していること

タダで残業を行う事を「サービス残業」というのですが、ブラック企業ではサービス残業が横行しています。

社員は残業をした分だけ残業代を貰うのは当たり前の事ですが、ブラック企業の社員は「周りもサービス残業しているから自分もやるか」とか「残業をしているのは自分のせいだから仕方ないか」などと思ってしまい、いつの間にかサービス残業が当たり前な感覚の社員が出来上がってしまうのです。

しかもブラック企業の社員の中には「会社の為にタダで働いている俺カッケー!」と勘違いをする人も一定数いたりします。そういう人が上司にいると後輩たちも意見が言いにくくなってしまうので、厄介なのです。

セクハラ・パワハラを野放しにすること

ブラック企業の場合セクハラ・パワハラが野放しにされている事が多いです。

普通の会社ならばセクハラやパワハラなんかしたら、大問題ですが、ブラック企業は無法地帯なので、セクハラ・パワハラが起きても、誰も注意しなかったり、見て見ぬふりをしている事が多いです。

ブラック企業の場合、上に立っている社長や役員もおかしいケースが多いので、統制が全く取れていない事が多いのです。

社内規則が緩い、またはない

社内規則は「会社が決めるルール」のようなものです。この社内規則がある事によって、社員の不正行為を防止できたり、企業ならではの社風を知る事が出来ます。

まともな企業ならば社内規則をしっかりと作っているのですが、ブラック企業の場合は社内規則が緩かったり、ひどい会社では社内規則自体が無い所もあります。このような企業はかなり危険。

そして、社内規則に似ている物で「就業規則」という物があります。

10人以上の従業員を雇用する事業所には「就業規則」の作成を義務付けられていまして、就業規則には「労働時間」「給与」「休暇」などの労働に関する情報が掲載されます。

この就業規則は、基本は従業員全員が見られるようにしていないとダメな物です。しかし、ブラック企業では就業規則もメチャクチャなので、就業規則が全員見れないようになっています。

社会通念上NGなことを平気でやること

ブラック企業では社会通念上NGな事を平気でやってきます。

例を挙げたらキリが無いですが、例を出すと「サービス残業」、「自爆営業」、「休日出勤」、「有休を使わせてくれない」、「罰がある」、「面接で言っている事が違う」などのような事を平気でやります。

「サービス残業」は普通の企業ではありえない事ですよね。残業をするという事はそれだけ仕事を行っている事なのですから、残業代を貰えないとやっていられないです。

「自爆営業」だって、普通の企業では行われないです。自分が売る事が出来なかった商品を罰として買うというのは、少しおかしいです。

「休日出勤」「有休休暇を使わせてくれない」というのも、ブラック企業ならではの特徴で、社員の体よりも利益が大事という事なので、休みが少ない企業はかなり危険です。

「罰がある」というのも、ブラック企業の特徴です。ブラック企業の中には遅刻をしたら罰金を取る、仕事でミスをしたら罰金を取るというような企業があるからビックリです。
子供じゃないのだから、遅刻は説教くらいで良いですよね。

「面接で言っている事が違う」というのも、ブラック企業あるあるなのですが、求人票や面接で言っている事と、実際の事が全然違うという事はザラにあります。

ブラック企業の場合、人手不足の場合がほとんどなので、嘘を平気でついて、新入社員を騙すという事はザラなので、腹立たしいですよね。

結局線引きの基準は会社ぐるみか否か

結局の所はブラックかどうかの線引きは会社ぐるみか否かです。

1人だけおかしい社員がいれば、その社員を辞めさせれば社内環境は良くなりますが、ブラック企業の場合「社内のほとんどの人がおかしい」ので、社内環境が中々良くならないのです。

本来ならば、社内環境を直すのは社員達なのですが、ブラック企業で働き続けると、何が普通で何が普通じゃ無いかが分からなくなってしまうのです。

その麻痺が伝染していて、結果的に感覚の麻痺した社員達がブラック企業を作り上げてしまうのです。

ブラック企業を立て直すには、社員1人1人の意識改革が大事です。もし社長がワンマンでブラック企業にしてしまっている場合は、社長を変えるか、社長の意識を変えるしか無いです。

ここまでの内容のまとめ

ブラック企業の基準はこのように多岐にわたっています。現代ではようやくブラック企業が問題視され始まったので、コレからはどんどんとブラック企業は無くなっていけば良いですね。