「ブラック企業」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

おそらくこのサイトを訪問しているあなたは1度や2度はその単語を耳にしたり、目にしたことがあると思います。ですが、どんな会社をブラック企業と呼ぶのか、正常な会社とやばい会社の区分けラインはどこに置くべきなのかはよく分からないと思います。

そこで当サイト、「ブラック企業基準ナビ」ではブラック企業の基準や特徴についてまとめてみました。当サイト内で特集している諸情報に目を通せばブラック企業はどんな会社なのか、本当にやばい会社の現場はどうなっているのかが分かります。

なお、当サイトの作成にあたり「ブラック企業転職.jp」という外部サイトの情報を参考にしました。

このサイトの詳細はこちら

このサイトでは当サイトと同様にブラック企業の実態に関して特集しているので、当サイトと併せてチェックすることをおすすめします。

少し関係ない話をしましたが、ここからは当サイトの概要にご紹介しますので一緒に目を通していきましょう。

ブラック企業の基準

驚くかもしれませんが、日本に所在地を置く株式会社の半数以上はブラック企業に見受けられる特徴があります。現にどの会社も少なからずこういった行為が行われております。

  • 多少のサービス残業
  • 大なり・小なりのハラスメント
  • 有給の未消化日の発生
  • 性差別・学歴差別
  • 頭の固い上司がいる

これらの要素が全くゼロの会社は管理人は今まで聞いたことがありません。なので、「サービス残業がある」、「多少のハラスメントがある」からと言って即その会社はブラック企業であるとは言い切れません。

しかし、これらが常軌を逸脱する基準になると当然「ブラック企業」になります。要するにブラック企業であるか否かというのは、「まずい行為やまずい慣習の発生頻度やひどさの度合い」

それではこの基準はどの程度なのでしょうか?

このブラック企業であるか否かの基準については当サイト内で特集しているページがあるので、そちらで詳しく紹介しております。

会社をブラック企業にする社長とは?

「会社は頭から腐る」という言葉があります。

この言葉が意味するのは、会社の労務環境や会社の方針の良し悪しはトップである社長次第であることです。

実はブラック企業と呼ばれる会社はトップである経営者及び経営陣が腐っている傾向があります。

例えば、平気で会社のお金でキャバクラに行く、気に入らない社員をつるし上げたり、制裁をくらわすようにする。会社経営を通して自分の支配欲を満たそうとする。

こんなことを平気で行います。なかなか最低ですよね。

当サイトではブラック企業の社長が社内で行う身勝手な行動に関して特集しているページがあります。ブラック企業の社長が行う代表的な暴走行為にはどんなものがあるのか気になりましたら、そちらのページをどうぞ。

やばい洗脳の実態

真っ当な感覚があればブラック企業とは関わらない、仮に関わってもすぐに距離をおくと思います。

しかし、やばい会社に所属している社員はなかなか辞めません。いや、それどころかやばい会社で行われる理不尽を成長の場と考えたり、その理不尽を普通と思うようになります。

なぜ、こんなことになるかというと、ブラック企業で長く務めると社内で行われる洗脳によって感覚が狂うからです。このブラック企業で行われる洗脳にはどんなものがあるのか、洗脳を受け続けるとどうなるのか。

この点に関して特集しているページが当サイトにはあります。もしあなたがブラック企業で行われる思想教育や洗脳の実態に興味を持ちましたらそのページに目を通すことをおすすめします。

最低な会社の体験談

ここまでの内容とあなたがもともと持っている情報から「ブラック企業はやばい・・・」というのはご理解頂いていると思います。

しかし、いくら頭でやばいと思っていても実態が分からないとどの程度やばいのかはわかりませんよね。そこで当サイトではブラック企業のリアルなイメージを掴んで頂くためにやばい会社で勤務経験がある方の体験談についても配信しております。

ざっとでも目を通すだけで、本物のブラック企業の残業時間や福利厚生レベル、そして業務内容が良く分かります。

上手にブラック企業を辞める方法

労働者の最大の権利は収入をもらう権利でも土日休める権利でもなく、「いつでも会社を辞められること」です。現に民法627条においては14日までに会社を辞めると会社に離職の意を述べれば無条件で退職処理が行われると規定されております。

法律で認められている退職の権利があるために本当に苦しいと思えば、いつでも逃げることが出来るのです。この「いつでも逃げられる」と頭の片隅においておけば、少し楽に感じないでしょうか?

しかし、この「いつでも辞められる」という権利は会社員なら誰もが持っているにも関わらず、なかなか利用されません。なぜ、この「辞める」という権利をなかなか使わないかというと、辞めた後のプランがないからです。

しかも仮にブラック企業を辞めて職にありつけなければ飢え死になってしまう・・・

なんていう恐怖から辞めたくても辞められないというサラリーマンは結構います。

そこでこのサイト内ではブラック企業を辞める際の心得や辞めた後の方向性を考える際に参考になるページもご用意しているので、ご一読されることをおすすめします。

詳しくはこちら